地方創生×SDGs

Local innoventuresの理念

ローカルイノベンチャーズでは、
SDGs×地方をテーマに掲げ、

民間団体、個人からでも
SDGs・社会問題解決に参加するハードルを下げ、
SDGs達成・社会問題解決への活動参加を
当たり前のレベルにすることを目指しています。

地域、世代、立場、能力など異なる才能をもって、
SDGs達成・社会問題解決への活動を
共に創り上げていく
SDGs×地方創生プロジェクトです。

そのため、
全国の地方で活躍されている
リーダーさんと、今後地方で動きたい
志のある方を繋げれるプラットフォームを
共感していただける皆さま、
一緒に動いてくれる仲間と共に、
進めています!

Think Globally,Act Locally!
(地球規模で考え、足元から動こう!)

SDGsとは

持続可能な世界を実現するための
2030年までに達成すべき17の目標

「SDGs(エスディージーズ)」とは、
「Sustainable Development Goals
(持続可能な開発目標)」の略称です。

2015年9月の国連サミットで

「持続可能な世界を実現するための
2016年から2030年までの国際目標」

として採択されました。

大きな17の目標とその目標を
達成するための具体的な169の
ターゲットで構成されています。

地球上の誰一人として取り残さない
(leave no one behind)ことを目指し、
先進国と途上国が一丸となって達成すべき
ユニバーサル(普遍的)な目標です。

17の国際目標

「SDGsという言葉を聞いたことがあるか」
という質問に

「ある」と答えた人は19%。
5人に1人がSDGsに触れたことになります。

17の目標は、「関心がある」が増えたものが
多く、SDGsが広がりをみせています。
(2019年3月 朝日新聞社調べ
東京・神奈川に住む3000人を対象に調査)

しかし、大阪では?
一般的にまだまだ認知が伸びていない。

また、言葉を知り、興味を持って調べても
17のテーマ大きさ、
さらに169に分類されたターゲットの多さ

・自分には関係ない
・行政や大企業がすること
・偉い人たちが勝手にすること
・何かやりたい!と思っても
何から初めていいか分からない

と他人事にしてしまっていませんか?

SDGsは「誰も置き去りにしない」普遍的な
目標を掲げています。
先進国と途上国、そして企業と私たち
個人がともに手をとって目標達成のために
努力をしてく必要があります。
そうしてこそ、貧困の解消や格差の是正など
深刻な問題の解決の糸口が見えてきます。

SDGsをまず知るところからはじめ、
その次にジブンゴトとしてできる行動を
私たちと一緒にしていきませんか?

子どもたちの明るい未来のために

SDGsが「周知」から「具体的実施」
へと移るなかで、
日本には、グローバルな課題と地域特性を踏まえた
特色ある開発目標の推進が求められています。

今までしてきたことの延長では決して達成できず、
思い切ったイノベーションが必要とされます。

イノベーションには遠いと敬遠される方も
いらっしゃるかもしれません。

しかし、そんなことはなく、SDGsは、全ての人に与えられたチャンスです。

トップダウンでなく、企業・行政・学術界・NPO・市民が
知恵を出し合って実行する枠組です。

自分のできる範囲で”ジブンゴト”としてとらえ
行動することで、
「自分はかく存在し貢献した」という
子孫代々まで引き継がれる証となります。

日本では、以下の3つの分野において貢献を目指しています。
(SDGsアクションプラン2019)
■強靱かつ環境に優しい「国づくり」のため,
質の高いインフラ,防災,海洋プラスチック
ごみ対策,気候変動対策等に貢献
■「人間の安全保障」に基づき,
世界の「人づくり」のため,
女性のエンパワーメント,保健,教育に貢献
■日本のSDGsモデルの国際社会への共有・展開

ローカルイノベンチャーズの
目指すSDGs目標

地方=社会問題の最先端の場であると定義し、

「地方からSDGsな活動、社会作りに
挑戦するチャレンジャーを増やすこと」

4,8,9,10,11,17のテーマを主に取り組みます。

■4.質の高い教育をみんなに

■8.働きがいも経済成長も

■9.産業と技術革新の基盤をつくろう

■10.人や国の不平等をなくそう

■11.住み続けられる街づくりを

■17.パートナーシップで目標を達成しよう

PAGE TOP