ブログ

女性にこそ農業体験をしてほしい!野菜の魅力を伝える『農labo大人女子会』

美肌おやつ

「農業って日焼けするし、虫が多そうだから嫌だな。しかも、重労働だから自分にはやっぱり無理!」

 

女性にとって、農業はネガティブイメージが強いですよね?

そんなキツい農業のイメージを変えるのが、『農labo大人女子会』です。

 

『農labo(ラボ)大人女子会』は、大阪府の泉州地域で活動しています。

『農~labo’(ラボ)泉州』と呼ばれる若手農家を中心とした団体から、女性メンバーのみで結成した運営チームです。

農~labo’泉州のWEBサイトはこちらです。

 

農業体験のしたい方はもちろん、「最初はまったく農業に興味がなかった」という方も歓迎の場所です。

 

農labo大人女子会は農業のハードルを下げる窓口でありたい

大人女子会01

『農labo大人女子会』のリーダーである岡田さんにお話を伺いました。(写真 左)

大阪府泉佐野市の『社会福祉法人いちょうの森』内、

『花筏(はないかだ)カフェ』で定期的に行われています。

『社会福祉法人いちょうの森』のWEBサイトはこちらです

 

メンバーは主婦が中心で、子育てが落ち着いた方もいらっしゃいます。

 

 

大人女子会に集まる人たちは、仕事をガッツリしたいわけじゃない。

でも、家庭に閉じこもっていると、息が詰まってしまう。

彼女たちは、家庭以外のつながりと息抜きを求めていました。

 

 

そんな女性同士の出会いの場として『農labo大人女子会』は、

花筏カフェで開催されています。

「まずは、ハードルをグッと下げること」

 

いきなり、作物の収穫を始めたとしても、興味のない人にとっては苦痛です。

まずは、花筏カフェでお茶をしながら、家庭内では聞いてもらえない話をしたりします。

 

野菜をつかった美容とダイエットの推進

美容とダイエットの推進

『農labo大人女子会』では女性の悩みである、

美容やダイエットについても、テーマに取り上げています。

ダイエットは、食事と運動によって決まります。

 

 

採りたての新鮮な野菜は、栄養が豊富です。

生野菜の場合は調理の必要がないから、主婦にとって時間短縮になります。

 

そして、農作業は体を動かすから、ダイエットにも効果的。

女性にとっての悩みが、一石三鳥で解決できます。

 

 

また、『農labo大人女子会』では、料理レシピも公開しています。

旬野菜をつかったり、時短レシピなどをメンバーでシェア。

『花筏カフェ』で直売野菜の購入も可能だから、買い物に行く手間も省けます。

農業体験のニーズとは?

野菜の収穫

じつは農業体験には、かなりニーズがあるのをご存知ですか?

都会で暮らす人にとっては、農業はかなり遠い存在です。

 

周囲に農業をしている人はいないし、

企業が実施している農業体験活動は一日あたり2~3万円と高額です。

 

 

しかし、『農~labo’泉州』では、手軽に農業体験が可能です。

泉州地域は大阪市内から、電車で約40~50分なので比較的近い。

安価だし、普段あじわえない貴重な体験ができます。

 

 

また、農業体験を通して、子どもたちに自然を感じもらう魅力もあります。

現代の子どもたちはゲームやYouTubeを見たりするため、

外で遊ぶ機会は少なくなりました。

 

子どもたちには農業体験を通じて、

野菜が育つ工程や野菜本来の味を知ってもらい、

感性を養ってもらいます。

まとめ

『農labo大人女子会』は農業を通じて、さまざまな『経験』をし、

子どもたちに自然の豊かさや『感動』を与えたい。

また、女性たちが『喜んで』過ごせる場所をつくりたい。

 

家庭以外のつながりを求めていた女性たちが

「農業を通して地域貢献がしたい!」

そんな思いで活動をされています。

 

 

『農labo大人女子会』に興味のある方はFacebookページからメッセージをどうぞ。

農labo大人女子会 Facebookページ

 

あわせて読みたい

大阪の泉佐野市を拠点に活動する若手農業者を中心としたグループ

『農~labo’泉州』についての記事はこちらです。

【野菜の魅力を伝えたい】大阪で本当の農業体験ができる!農~labo’泉州

The following two tabs change content below.
大阪の泉州地域で活動するフリーランスのWEBエンジニア・ライター。 前職は工場で勤務していたため、WEBに関してはド素人だった。しかし、独学で勉強をしてWEBエンジニアになる。副業をしているサラリーマンやフリーランスが、もっと生きやすい社会をつくることを目指している。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP