ブログ

コロナの影響で行き場を失った高知のカンパチを助けたい!

高知のカンパチを助けたい

先日、このようなツイートを見つけました。

高知県須崎市野見湾では、カツオやカンパチなど、海産物の養殖業が盛んな場所です。
須崎には行ったことはないけども、近々高知県に移住を考えているため、高知県の情報は常にインターネットやSNSなどで情報を得ています。

今、県を跨ぐ移動はできない

県を跨ぐ移動ができない今は、大好きな高知はもちろん、奈良県や和歌山県、教頭や兵庫県には仕事以外では行けない、テイクアウトは難しい。そう思いましたので、この数日間はネットショップでのお取り寄せを利用しています。

ちなみに、4月には高知県の「久礼大正町市場」にある山本鮮魚店さんで「生かつおの藁焼きタタキセット」を購入しました。

注文先はこちら
生かつおの藁焼きタタキセット

行き場を失った野見湾のカンパチもインターネットでのお取り寄せができます

高知かわうそ市場

お取り寄せは、高級カンパチの支援という形でお得な価格で注文ができます。
高級カンパチはお刺身用で、お試し用(2人前)から半身(6〜8人前)1匹(12人〜16人前)まで用意されています。

既に注文されてる方も多く、SNSや新聞、メディアで取り上げられたのもあり、現在は出荷準備中だそうです。

早速ですが注文してみました

SNSで見てその場でお試し用を注文しましたが、追加で注文して欲しいと言われて再度半身を注文しました。
対応していただきました「高知かわうそ市場」の方には少し手間をかけてしまいましたが、届くのが楽しみです♪

カンパチの名付け親に

また、このような企画もありました。
#20万匹の名無しのかんぱちに名前を

まだ、カンパチには名前がないので、Twitterで「#20万匹の名無しのかんぱちに名前を」という企画です。名前をつけて欲しいです。

夏まで待てない、何かで大好きな地方に貢献をしたい

今様々な取り組みもされていますが、今できることはたくさんありますので、積極的に貢献できるように動いて、コロナが開けたら現地で美味しくいただきたいと考えています。

The following two tabs change content below.
フリーランスのWebデザイナー・海洋生物専門イラストレーターとして、高知県へ移住、起業準備中です。現在は大阪に住んでいます。 ダイビングがきっかけで地方への関心と、地方活性化に興味を持ち、海と地方創生のお仕事がしたいヒトです。アイコンはイルカです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP